自己破産の家族への影響は?〜30代結婚済み男性の体験談〜

MENU

自己破産の家族への影響は?〜30代結婚済み男性の体験談〜

ここでは、自己破産をした30代既婚男性の体験談から、自己破産の家族への影響について紹介していきます。

 

自己破産をした私の体験談

自己破産…まさか自分がこのようなことになるとは思ってもみませんでした。
大学生の頃初めて彼女が出来た頃から借金を重ねるようになり、そのままズルズルと借金を重ねて自分ではどうしようもないくらいの金額に膨れ上がってしまいました。

 

結婚もして何とかギリギリですが返済しながら生活していたのですが、不景気の折リストラの対象になってしまい無職になったのをきっかけに自己破産を選択しました。

 

自己破産による家族への影響

自己破産を行う上で、一番心配だったのが家族への影響です。
妻には万が一迷惑が掛かるといけないので、洗いざらい話をしました。
私の心配事は次の様なことでした。

  1. 自己破産手続きをしたことで、引っ越しを余儀なくされる
  2. 車が没収される
  3. 妻のクレジットカードが使えなくなる
  4. 妻の会社に情報が漏れる
  5. 子供の進学に影響がある
  6. 一定期間ローンやクレジットを組むことが出来ない

 

本当に自分勝手ではあるのですが、家族の今後の生活がとにかく不安でした。

 

自己破産で家族に起こった影響

私の不安部分は、自己破産を行ってどのようになったのかを見ていくことにしましょう。

 

自己破産手続きをしたことで、引っ越しを余儀なくされる

多くの方の場合、免責決定がなされると滞納分の家賃も支払わなくて良いことになるようです。
ですが、そうなると大家側から退去を求められますので多くの方が引っ越しを余儀なくされると思って下さい。

 

私の場合は、有難いことに妻が支払いをしてくれたので引っ越さずに済みました。

 

車が没収される

車に関しても、私名義の車ではなかったので没収されることはありませんでした。
もし自己破産者本人の所有物であれば、没収されます。

 

妻のクレジットカードが使えなくなる

自己破産本人以外に影響が出ることはないため、また妻本人も働いているためクレジットカードは普通に使用出来ていました。
これは本当に安心しました。

 

妻の会社に情報が漏れる

こちらも心配していましたが、特に何も起こらず安心しました。

 

子供の進学に影響がある

受験などは考えていませんでしたが、もし受験する場合でも親が自己破産しているということは分かり得ないということです。
子供の進学・就職には何にも関係がありません。

 

一定期間ローンやクレジットを組むことが出来ない

信用情報機関に自己破産の事実が記載されますので、申し立て本人に限り5〜7年は新たなクレジットカードやローンを組むことが出来ません。
これは本当です。

 

そして、金融機関によっては稀に配偶者にもローン申請が下りないなどの場合があるということです。

 

以上、私が実際に体験した自己破産における家族への影響をお話しました。
基本的には本人以外に影響が出ることはないと考えて大丈夫です。

 

なるべく自己破産は経験しない方が良いのですが、様々な不安から躊躇している場合には是非参考になればと思います。