自己破産の手続き方法の流れ<弁護士・司法書士・自分で>

MENU

自己破産の手続き方法の流れ<弁護士・司法書士・自分で>

不安定な世の中になったため、思うようにお金の工面が出来ずに借金で苦しんでいる方は年々増えていると言います。
苦しい借金生活から解放されるために自己破産を選択される方も多いようですが、どのような流れで行われるのでしょうか。

 

自己破産手続きの流れを知ろう

まずは自己破産手続きがどのように行われるのか、流れを知っておきましょう。

 

弁護士に依頼する場合>

@依頼する弁護士を探す

A依頼する弁護士の決定

B弁護士が受任通知を貸金業者に提出(この時点で返済はストップされます)

C弁護士が債務額を計算し、申し立て書類を作成

D申し立て・面接等実際の手続き開始(弁護士が代理で行うので依頼者は出頭なし)

E面接(裁判官との面接。弁護士と一緒に依頼人も出頭する)

F免責許可・決定

 

これは、自己破産において一番単純で簡単な事例の場合の流れです。
全てを弁護士に依頼して、かつ申し立て人に20万円を超える財産が無い場合に適用される「同時廃止」という場合です。

 

この他に「少額管財」と言って20万円以上の財産がある・免責不許可事由があるなどの場合にはそれらの理由を調べる時間が必要になりますので、書類も面接など手続きにかかる時間も多くなります。

 

また自力で書類を作成し裁判所に提出する場合・司法書士にお願いする場合などは、資料作成にかかる時間・期間が更にかかりますので注意が必要です。

 

自分で申し立てすることも可能です

申し立て本人に20万円を超える財産が無い場合、一番単純な「同時廃止」になる可能性が高いです。
その場合、誰にも頼らず本人が書類を作成し裁判所に提出するという方法もあります。

 

そうすると費用も必要最低限で済みますし、何より自分の過ちを見直し再出発を誓う時間として貴重な体験が出来るとも言えます。

 

しかし裁判所が書類を受理してくれなくては意味がありませんので、専門的な知識を身に付けておく必要があります。

 

誰かに依頼する場合〜弁護士・司法書士の違い〜

専門的な知識を習得するのが難しい場合、誰かに依頼をして手続きを進めることが出来ます。
その場合には、弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

弁護士は代理権を所有していますので、一部あなたに代わって裁判所に出頭し手続きまで行ってくれます。
司法書士は代理権がありませんので、申し立て書類の作成のみを行ってくれます。

 

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、複雑な案件になればなるほど弁護士の力を借りた方がスムーズに解決すると思います。

 

以上、自己破産手続きの流れを見てきました。
流れを理解して、どのように手続きを進めていくのかしっかりと計画を立てましょう。